たるみの原因と改善方法について

皮膚がたるんでいると実際の年齢より年をとって見えるため、たるみ改善を目指す人は大勢います。皮膚を支えているのは顔じゅうに広がっている筋肉ですが、年を取ると筋力は徐々に低下していきます。皮膚や脂肪が筋肉に引っ張り上げられているうちはいいですが、筋肉が衰えれば皮膚や脂肪は重みで下へと下がります。

皮膚のたるみが増える要因の一つとして、保湿成分であるエラスチンやコラーゲンが皮膚から失われてハリがなくなるということがあります。まずは、顔の筋力トレーニングをすることがたるみ改善に効果のある方法です。身体の筋力と同様に、顔の筋肉も筋トレによって強化することができます。表情筋のエクササイズを行うことで顔面の筋肉を鍛えるだけでなく、リンパの循環も促進することでたるみ改善効果が期待できます。

たるみを改善するための方法として、背筋を伸ばすことがあります。スマホの操作などでうつむき加減の姿勢でいる人が多い人ほど、猫背になってしまいやすいものです。背筋をピンと伸ばし、顎は少し引く姿勢が顔のためには有効です。下ばかり向いていると、皮膚がたるみやすくなります。

他にも肌の水分不足を補うために保湿成分の高い化粧水や美容液を使用するのも効果があります。たるみの少ない皮膚になって、若さを取り戻したいものです。

乾燥肌用のおすすめ保湿オールインワンゲルは?

コメントを残す